BL小説 青くて、甘い (ショコラ文庫) の感想



個人的にひのもと作品は「痛切ない」作品って位置づけなのですが、この本は「痛切ない」というより「空回り切ない」

いや、のれんに腕押しな攻めに振り回されて「セルフ切ない」を演じた受けが客観的に「切ない」

なんとも、後味が微妙なお話でした。


青くて、甘い (ショコラ文庫)青くて、甘い (ショコラ文庫)
(2015/02/10)
ひのもと うみ

商品詳細を見る



美容師でイケメン、年上攻の神田。
大学生で普通、友達いない無愛想受の充彦。

神田の修羅場に出くわした充彦が怪我を負ったことから知人になり、早い段階で充彦は神田を好きだと自覚する。
神田は自分の態度がかなり思わせぶりってことを気づいていない天然系。
でも面倒くさいことはイヤだし、結構都合がよい男。
その神田に告白して、速攻撃沈の充彦。
じゃあ距離を取ろうかと思っても、神田は今まで通り親しげに話かけてくるし、家にも誘ってくる。

この人、なんなんだ。
どうしたいんだ。
押せば引くし、引けば近づいてくる。
結局楽に遊んでいたい。面倒くさくなるのはイヤ。
そんな大人じゃん!

……でも、やっぱり好き

……てな、充彦の葛藤がメインでした。

ホント、読んでて神田って攻は、かなりイラッとします(笑)
こういうのが実際にいたら、「はっきりしろ!」と殴りたくなる(笑)

ただ、神田は臆病でご統合主義なところがあるけど、根は悪いヤツじゃないところがまたニクイのです!
表面は触らせてくれるけど、奥を覗き込もうとすると拒まれる。
そんな年上攻でした。

だからか、かっこよさとか、男らしさはゼロ。
むしろ、神田に果敢に挑む?充彦の方が男らしさがありました。
可愛い受じゃなくて、しっかりモノの受。
そんな受に怖気づくけど、最後はなんとか気張ってみせて、でもなんだかんだと受に尻を叩かれながら……な攻。

ちょっと攻の生ぬるさに好き嫌いが分かれるお話ではありますが、ちょっと変わった?ものを読みたい方なら楽しめるかと思います。

あ、エロはあまり期待しないでください。
最後にまあさらりとありますが、それまでの2人の関係や受の性格の男らしさを知ってると、あまり感じ入れるエロじゃなかったです(筋的にしょうがないのですが……)


関連記事
テーマ: BL小説 | ジャンル: 小説・文学
BL小説 恋する臆病者(チキン) (ディアプラス文庫) の感想 | Home | BL小説 海に天使がいるならば (幻冬舎ルチル文庫) の感想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する