BLコミック ラブアンドベースボール (プレミアム書籍扱い花丸コミックス) の感想



これまでの山本小鉄子さんの野球作品「チュチュンがチュン」とか「ふくろうくんとカレ」と比べると、なんとなくまったりというか、ハチャメチャな部分がないおっとり系。

三角関係も、割とすんなりみなさんご納得の場所に収まる感じで、なんだろ、全体的にストーリー展開浅め。



ラブアンドベースボール (プレミアム書籍扱い花丸コミックス)ラブアンドベースボール (プレミアム書籍扱い花丸コミックス)
(2014/10/24)
山本小鉄子

商品詳細を見る



今回の主役攻めは、期待のルーキーで初日から怪我で2軍送りとなった坂郷。
そして彼が好きになってしまう受けが、スポーツ用品の営業クンの宮田。
その宮田の一応彼氏であて馬が、超人気ですごい野球先週の上条というラインナップ。

ちなみに、これまで野球関係で出てきた人、たとえばチュンとか、白鳥選手、梟アナなどは全く出てきません(残念!)。
同じ野球モノでも別物世界感です。

宮田はホンワカ君で可愛いし、当て馬といえ上条も傲慢だけどなかなかイイヤツで憎めない。
そしてルーキー坂郷も、ちょっと猪突猛進系だけど、カッコイイし基本爽やかクン。

誰もが好感持てるキャラばかりな分、ちょっとオシが弱いのが、この全体に漂う「まったり感」の原因かなと思います。

ツボは、宮田の酔ってしまうと人が変わるキャラのギャップ。
普段はいい人なのに、酔うと過激な本音が出たり。
ちょっと天然クンな部分もあって可愛いです!

個人的なオススメ?キャラは、実は攻めの坂郷ではなく、あて馬上条。
右目下の泣きほくろが超セクシー!!!!
しかもすごい野球選手で、偉そうだけど結果は出すさ!な態度が最高にツボ。

「ふくろうくんとカレ」の白鳥選手と野球選手としてのタイプは似てるけど、白鳥選手が割と素直で単純だったのに対し、この上条はかなり屈折型(笑)
でもそこにちょっと萌えを感じてしまえます。

ストーリー展開は個人的には微妙……三つ星なんですが、キャラとしては脇に良い役者固めたドラマ風で、面白かったです。



関連記事
BLコミック 坊主かわいや袈裟までいとし 2 (プレミアム書籍扱い花丸コミックス) の感想 | Home | BLコミック やたもも (バンブーコミックス Qpaコレクション) の感想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する