BLCDコレクション 「虎穴ダイニング」の感想



原作コミックも評価が高かった「虎穴ダイニング」
そしてこのキャスト、来たか~!!!
ってなぐらい、ハマリキャスティングです、このBLCD。


BLCDコレクション 虎穴ダイニングBLCDコレクション 虎穴ダイニング
(2014/09/26)
イメージ・アルバム、江口拓也 他

商品詳細を見る


原作はこちら↓


虎穴ダイニング (Canna Comics)虎穴ダイニング (Canna Comics)
(2012/06/26)
元 ハルヒラ

商品詳細を見る



お話の内容は、アマゾンさんなどの評価にもつぶさに説明がございますので、そちらを読んでいただくとして……

な、なんですかこのキャスティング。
そりゃ、コミック読んでるときも、思ってました。
「この虎、声つけるなら……やっぱり……だよね」

まさに、そんな妄想が現実に!
虎こと日向を演じてるのは、安元洋貴さん。
これ以上に最高のキャスティングはありません!
低めの、誠実そうな、まさに日向。
あんな声で、攻められたら、そりゃもうメロメロです。

原作通りガチでのエッチはないけれど、舐める音がとっても淫秘。
ふさふさ振る尻尾の質感や仄かな匂いまで耳から伝わってくるSEも聴きどころ。

妙なBLと言われるとおり、虎の元プロレスラーがいてあたりまえ……な世界のお話で、ガチBLがお好みの方にはイマイチかもしれませんが、聴いて気分がほっこり暖かくなること間違いなし。

昨今、諸々の事情からBLCD発売まで漕ぎつけられる作品が少ない中で、コミック発売から2年も経って音源化されたのは、じわじわ人気が続き、根強いファンがいるからこそ。

ちょっとまあ、収録時間やキャストトークなしにこの値段か……と足踏みする要素はあるけれど、一度は安元洋貴さんの低音ボイスに尾てい骨、ビビッと震わされるのも良し!(笑)




BLコミック 「アーモンドを七粒(1) (H&C Comics/ihr HertZシリーズ)」の感想 | Home | BLDVD 「劇場版 世界一初恋~横澤隆史の場合  限定版」の感想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する