FC2ブログ

BLCD  いつも王子様が



ドS王子×ドMエロ漫画家。
先輩×後輩。
常に強気×常に弱気。

あらゆる面で正反対の攻めと受けのコミックのCD版、なんといっても攻声の興津和幸さんが、オススメ!


いつも王子様がいつも王子様が
(2014/06/25)
阿部敦、興津和幸 他

商品詳細を見る


最初に一言……

別に興津和幸さんのファンというわけではございません。

正統派なとってもよいお声だとは思いますが、すごくファンを自負しているわけではありません。
……が、今回はきゃ~!!!と絶叫したくなるほど、ハマリました。

いや~、佐原CV興津さんの王子っぷり、ハンパなし!

どこまでも上から目線(笑)

ヒナ以外の人へのよそ行き声は超爽やか。

なのにくるりとヒナの方を向いた瞬間、爽やかさが消えて、わがままめいた悪魔な声に超早スイッチ。

始終抑え気味の声で演技されていましたが、それも妙な落ち着きがあって、どう転んでも素敵。

しかも、エッチの時の「余裕ないけど、ちょっとヒナのことも気遣って、でもやっぱ王様」な声がすごい!
興津さんの王子様、必聴オススメでございます。

そんな興津さんに対して、阿部さんのヒナ役もすごく可愛い。
まあ、予想範囲内の可愛さ。
その点では佐原CV興津さんの方が印象強かったけれど、適役には間違いなし。
佐原にふりまわされるヒナにぴったりの声でした。

ストーリーは、コミックすべてをちょうどよい塩梅でまとめあげて、ボーナスはないけど不足もなし。
全体で約1時間と、妥当な収録時間。

ヒナと佐原のほかに、アシのゆりあちゃんと、デリオーナーの堀が節目で登場。
堀CV武内さんは、これまた言わずとしれたBL受けの帝王(受けで帝王??)
甘く爽やかで、コミックや小説で感じたタイプとぴったり。
これは、今度連動小説も音源化するのか???
そんな期待がふくらむ友情出演?(笑)

ボーナストラックで、一応出演者の阿部さん、興津さん、武内さんの一言ずつが収録されてるけど、めっちゃ一言(笑)
全体で40秒ほどで、これは期待NGです。



関連記事
prelude 前奏曲 (幻冬舎ルチル文庫) | Home | BL小説   町工場にヒツジがいっぴき (二見書房 シャレード文庫)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する