BL本  君は僕の初恋の人 (ガッシュ文庫)



まっすぐ前を見て、でもどこか恥ずかしそうな三白眼の男。
そして彼を優しく見つめる男。
表紙の2人の表情が、まさに主人公たち2人の関係性と性格を物語っています!
こんなに作品そのものを表紙1枚で表した本はないのではないかと読後、改めて表紙を見て感動……!

あ~、これぜひドラマCDになってほしいです。
是非音源化して欲しい!


君は僕の初恋の人 (ガッシュ文庫)君は僕の初恋の人 (ガッシュ文庫)
(2014/04/28)
高遠 琉加

商品詳細を見る



高校時代に知り合った2人が、大人になって再会して、過去のわだかまりに大人として対峙していく。
ストーリーはありがちだけど、攻めも受けもキャラがたってて新鮮。
高校時代にどこか愛しさと甘酸っぱさが感じられる。
大人になった2人にも別の愛しさと甘酸っぱさが感じられる。
裏切られたから好きでも許せない気持ち。
好きだからこそ独り占めしたかった気持ち。
好きっていろんな形がある、難しい。
人を許すって勇気がいる。
もう一度裏切った人の信頼を得るって、自分のすべてを差し出すこと。
……そんな、いろんな簡単にはできないことが詰まったお話でした。

いい人で人気者ほど策略家。
絵に描いたようなお坊ちゃん攻めの棚橋。
寮で同室となった朝倉を気に入って、自分だけを頼って欲しいと無意識に、でも実は意識的に行動していた棚橋。

帰国子女である意味世間知らずのウブ、人付き合いも不器用だった受けの朝倉。
だからこそ、優しい棚橋に頼ってしまった朝倉。

2人の高校時代の関係は可愛くて甘酸っぱい。
だからこそ、それが壊れたときは激しい怒りと恨みが噴き出る。
好きだったから、心底頼っていたから、裏切られたときの気持ちは計り知れない。
切なくて、悲しくて、痛い。
裏切られた朝倉のかなくなな気持ちがまるで大きな石の塊のようにこちらににぶつかってきました。

そんな朝倉に対して、どこまでも笑顔の絶えない、ある意味つかみどころのない棚橋。
そんな棚橋にも、いろいろ自分で我慢できない感情がある。
笑顔の裏の計画的な犯行には、どうしても朝倉が欲しいというお坊ちゃん故の我がままにも似た欲求がある。
そう言うとちょっと我がまま男?と見えますが、そこは棚橋(笑)、嫌味じゃなくて、どこまでも爽やかな攻めな ところがニクい!
爽やかで甘いけどちょっと策略家。
ちょっと心奪われる攻めでした。

全体の半分強が高校時代の話で、残りが大人になってからの話になっているので、2人の性格の変わり方、特に受 けの朝倉の態度の変化が伝わってきました。
心の底は同じなのに表面をつくろう鎧が違う。
でもたまに心の底がちょっとだけ透けて見える。
薄い膜のような表面をなんとか頑張って保とうとしている朝倉がけなげで、痛々しくて、大人になっても愛しさが ある受けでした。

ちなみに、この本は「壁の中の嘘と秘密」のスピンオフとなり、「壁の中~」に出てくる生徒2人がこの本の後半 にちょろりと出てきます。

が、前作を読んでいなくても問題はない作りになっています。私も「壁の中~」は読ん でおりませんがまったく気になりませんでした(あとがきでそうか……と知りました(笑))



関連記事
テーマ: BL小説 | ジャンル: 小説・文学
BL本 初恋迷宮 (白泉社花丸文庫) | Home | BL小説  強面の純情と腹黒の初恋 (二見書房 シャレード文庫)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する