FC2ブログ

BL小説  いつか恋に落ちる君へ (クロスノベルス)



完全にタイトル買いしました(笑)
印象に残るタイトルでした。

が、内容は印象に残るというよりは、「かっこ良すぎる攻めが天然な受けに振り回される」展開……

このかっこ良すぎる攻めが、外人貴族の年上金持ちというまさに王道ストーリーの攻めなだけに、その振り回され方がちょっと滑稽に感じてしまったのは私だけか???


いつか恋に落ちる君へ (クロスノベルス)いつか恋に落ちる君へ (クロスノベルス)
(2013/11/11)
いとう 由貴

商品詳細を見る



ストーリーはまあ、王道

オーストリアのウィーンに留学できた学者肌の受け春希と、彼が通う図書室を所有している攻めクラウス。
私欲がなくて天然部分がある春希に好感を抱くもともとゲイのクラウス。
でも、春希の私欲のなさにむかついた友人が、ちょっと二人の仲にぎくしゃくした雰囲気を作り出してしまったことで、春希はクラウスを嫌な意味で意識しだして……

金持ちと、苦学生。
年上と学生。
外人と日本人。
王道要素、満載です。
乙女心も、けっこうツボついてきます。

が、ちょっとふつうとは恋の運び方が違う!

BLにありがちな、ヘテロでも最初から相手に好感を抱いて自然に……という展開ではないです。

春希が最初はかなりクラウスに対して抵抗を感じいるのに、それがいろいろなことがあった末に、クラウスに「恋に落ちる」
その過程がかなり新鮮。

でもその裏側で、クラウスはかなり最初からメタメタに落ち込んだり、いろいろあるわけで、凛々しいお貴族様のその様子が、ちょっと個人的にはしっくりこないというか、残念ぽいというか……

その分、そんな高貴な方でも年下の日本人のために悩むんだという親近感はばっちり湧いてきたものの……

クラウスに遊びの部分がないので、余計に春希にパすっと降られるところが切なく感じてしまったという感じでしょうか。

エロ面で言えば、合意でも合意じゃなくても、かなりアッツアツ

合意じゃない部分から始まり、最後はもちろん合意のアツアツエロだけど、どれも飽きない工夫があって、楽しめました。

特にクラウスの性欲の強さは、大満足。
時間の長さではなく濃さが伝わってくるねっとりガンガン系で、ここはおススメです。



関連記事
テーマ: BL小説 | ジャンル: 小説・文学
BL小説  眠り王子にキスを (SHYノベルス313) | Home | BL小説  夜天の情事 (ビーボーイノベルズ)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する