BL小説 世界一初恋 ~横澤隆史の場合2~ (角川ルビー文庫)



横澤をに想いを寄せる女の子が出てきたり、横澤が桐嶋の誕生日プレゼントで悩んだり、やっぱりほのぼの基本のほんわかストーリー展開。


世界一初恋  ~横澤隆史の場合2~ (角川ルビー文庫)世界一初恋 ~横澤隆史の場合2~ (角川ルビー文庫)
(2012/08/31)
藤崎 都

商品詳細を見る



この2巻のおすすめ?ポイントは、「桐嶋の嫉妬深さ爆発」と「横澤の天然ボケっぷり」

横澤に女の影がちらついてるのに気が付いた桐嶋の結構あからさまな嫉妬。
いつもスマートでちょっと人を食った感じのある桐嶋の嫉妬態度が熱くて素敵でした!

そしてそんな桐嶋の態度も理解できない横澤の天然ぶりがこれまた可愛い!
あんなに仕事ではできる男なのに、色恋には疎い姿にちょっと萌え(笑)

正直第1巻では「高野を好きだった横澤」「律ちゃんをいじめてた横澤」の印象があって、素直に横澤を可愛いと思えなかったのですが、2巻にきてすっと霧が晴れたみたいに横澤が可愛く思えてきたから不思議です(笑)

あと個人的には話の流れで雪名が出てきたのがテンションあがりました。
雪名×木佐カップルが好きな私としては、名前は出てこないけど端々に感じられる木佐の存在がたまらん!

巻末漫画も含めて、桐嶋に食われ気味なようでいて、実は霧嶋を振り回してる感のある横澤の天然ぶりがツボでした。

個人的には世界一初恋で桐嶋×横澤って……
ないだろ、ふつう。
いや、ないし。
なんて思ってました(笑)

横澤は絶対受けだろ!って思ってたので、マジ抵抗あったんですが、これが不思議や不思議。
なんともいいじゃないですか、桐嶋×横澤。
横澤、ほんと可愛いです!
男って……変わるのね!!!!




関連記事
テーマ: BL小説 | ジャンル: 小説・文学
BL小説  好きにならなくてもいい (SHYノベルス306) | Home | BL小説  くろねこのなみだ (ショコラ文庫)