FC2ブログ

BL小説  nez[ネ] Sweet Smell (SHYノベルス304)



1巻読んだから、2巻は読まねば……
そのぐらいの気持ちでした、今回は。

どうしても比べてしまう。「交渉人シリーズ」と。
別物なんで、比べてもどうしようもないんですが……
でもあまりに強烈なシリーズが過去にあると、どうしても比べざるを得ないのが人間というもの。


nez[ネ] Sweet Smell (SHYノベルス304)nez[ネ] Sweet Smell (SHYノベルス304)
(2013/05/31)
榎田 尤利

商品詳細を見る



まずは「面白かった」です。
1巻同様面白かった。

けれど、1巻が広く浅く表面をほじくってる感じなのに対して、2巻は狭い範囲を深く掘ってる感じのストーリー。

1つの仕事を解決しながら、別の事件が絡んできて次号に続く……的な展開なので、次巻を読まねば話は終わらない運びになってます。

今回はどちらかというと、カラダについては鷹目に押され気味の千里。
鷹目にちょっとムリクリイカされてしまったりと、ごてごてに回り気味の千里。
そこが可愛い!と言えば可愛い。

そして鷹目はちょっとけんが取れた感じ。
微妙に柔らかさが出てきた感じで、今後の2人がどうやってお互の相性を認め合って収まるところに収まるのかが楽しみなところです。

その他千里の過去などこれまらまだまだ秘密が解き明かされていくようなので、読み物としても興味はつきないところ。

ただまだ甘さとかないから、今のところは恋愛要素以外のストーリーを楽しむというところでしょうか。

冒頭にも書いたけど、ぶっちゃけ「交渉人シリーズ」よりはパンチがない。
というか、こう全体的に主役2人にも周囲の仲間にも魅力としては「交渉人」に負ける。
今後どんだけ深くハマれるか。
今後どれだけこの世界が広がって成長していくのか。
そのあたりに期待ってとこでしょうか。

個人的には鷹目の「雰囲気読まない人間」ぶりが好きです。
こういうの、実際いたら結構面倒臭いだろうけど、見てるだけなら面白い(笑)
そしてそのまっすぐな鷹目と、ゆるゆるの千里がどうくっつくのか。
これも今後のお楽しみってところ。

まだまだ全体像がはっきりしない「nez」
絶対おススメ!まではいきませんが、面白いのは間違いなし。



関連記事
テーマ: BL小説 | ジャンル: 小説・文学
BL小説  アイズオンリー (SHYノベルス299) | Home | BL小説  藍苺(ランメイ)畑でつかまえて (ディアプラス文庫)