BL小説 不埒なファシネイション(ダリア文庫)



短編集みたいな感じになっていました。
メインのタイトル作品は、直隆×真幸カップルが、真幸の家族との悩みや確執を通じて、また一歩理解しあい歩み寄るステップ。
結構心にきゅっと響くストーリーでした。

不埒なファシネイション(ダリア文庫)不埒なファシネイション(ダリア文庫)
(2012/12/13)
崎谷はるひ

商品詳細を見る



個人的には「不埒なモンタージュ」の三田村×未直のストーリーが読みたくて購入。
彼らの短編がひさっびさに入ってると聞いてたのですが……

が、三田村×未直の短編は、本編との連動モノ。
直隆×真幸絡みで、二人のアツアツ甘々ぶりを読めなかったのがちょっと残念。
その分二人の日常のほっこりしたひとときに、一番安定カップルぶりを満喫できたものの、やっぱり三田村のエロおやじっぷりと、未直の幼なエロっぷりが読みたかった!

日比谷×和典編も入ってました。
こちらはエロさ全開。ほぼエロのみ(笑)。

読み終わってみると、3カップルがちゃんとカテゴリー分け?されてた感じ。
エロ担当、シリアス担当、ほのぼの担当、みたいな。
いろんなのが読めるので、ある意味お得かも。

まあ、不埒シリーズが好きな方限定だけど。
もう飽きたし・・・って思ってる方にはそこまでおススメしません。
たしかに、まあ内容的にはすっごい発見とかなにかってわけでもないし。
そろそろ、ないか別の展開欲しいなと思うこのごろです、不埒シリーズ。



関連記事
テーマ: BL小説 | ジャンル: 小説・文学
BL小説  陥落のメソッド (二見書房 シャレード文庫) | Home | BL小説 罪な輪郭 (幻冬舎ルチル文庫)