BL小説  愛に目覚めてこうなった (ショコラ文庫)



カッコいいのに童貞脱却して暴走気味の攻めが、かなりツボにはまりました(笑)
ああ、人って「愛に目覚める」とこんな迷惑君になってしまうんだ、みたいな(爆笑)

コミカルだけど、エロい。
面白かったです。
イラストもきれいでした。


愛に目覚めてこうなった (ショコラ文庫)愛に目覚めてこうなった (ショコラ文庫)
(2012/12/10)
名倉 和希

商品詳細を見る



ストーリーはリーマン同期同士の手コキ関係から始まるお話。
エリート営業マンの攻め藤原は、潔癖症で童貞。
かっこいいのに、女に興味ナッシング。
その藤原に彼女をつくらせるため、同僚に頼まれて藤原を何とかしようとするのが受けの倉知。
その倉知にハマって、追いかけまわすストーカーちっくになっていくイケメン藤原の所作がすごくコミカル。

ちまっとした小人系の倉知と、倉知に勝手にハマってガンガン押しまくってストーカー化していく藤原。
超カッコよくてモテるのに、かなり空気読めない男になってしまってザンネン君になってる藤原が面白かったです。

一人で勝手に妄想入る姿は、かっこいいが故に滑稽で楽しい(爆笑)

軽めコミカル路線だけど、本人たち真剣だから、余計に面白い。
そしてそして、本番は最後までないのに、とってもエロい。
手コキだけでもねっとりとエロくて、倉知の表情も可愛い。

名倉作品はどこか独特のコミカルさがあって個人的に好きですが、この本もななめ後ろからつつかれたような笑いがあって、おススメです。

まさに、「愛に目覚めてこうなった」でした。



関連記事
テーマ: BL小説 | ジャンル: 小説・文学
BL小説  いばらの王子さま (ディアプラス文庫) | Home | BL小説   リバーズエンド (Holly NOVELS)