BL小説  このままではいられない (B‐PRINCE文庫)



買ってからしばらく未読のままおいてありました。
なんとなく最初の数ページのとっかかりが悪く感じてずっと放置?していたのですが……

これが読むとなんともいいじゃありませんか!!!

なんだろ、すごく「わかるわかる」って気にさせられる作品でした。

作者のデビュー投稿作の改題版らしいのですが、ちゃんと納得させられるものがありました。

荒削りな部分はもちろんあるのですが、それを差し引いてもちゃんと「レコ大新人賞受賞」(?)レベルの作品かと。


このままではいられない (B‐PRINCE文庫)このままではいられない (B‐PRINCE文庫)
(2012/11/07)
おのにしこぐさ

商品詳細を見る



簡単なあらすじは……
幼馴染の樹と周衣。
周衣はずっと樹が好きで、告白するけれど、樹はやんわり断る。
でも周衣の気持ちを知ってしまった樹にとって、今まで通りに振り待っていても、やっぱり何かが違う。
そして周衣も、徐々に樹から距離を置くようになって……。

親友に告白された。
でも、これまで親友を恋愛対象に見てなかったから、言われても困る。
恋愛感情は受け入れられない。でも親友のまま、これまでどおり仲良く友達していきたい。

樹のそんな本音がよくわかる!

でも、周衣はもちろん、それじゃ自分が我慢できないのわかってるから、徐々に距離をおこうとする。

そんな周衣が離れていくことは、いやだ。
こんなに気があうから、一緒にいたい。
でも、周衣を相手としては考えられない。

すっごい素直な気持ちがずっと書かれていて、ドラマ性はないけどドキュメンタリー?なぐらい身近なストーリー展開。

周衣に告白されたことによって、次第に意識し始める樹の変化もとっても自然で、「あ、あるある」ってシンクロしまくり。

作者の観察眼がすごいのか、想像力がすごいのか。
どちらにしろ、気持ちの向き方がよく掘り下げられてて、展開は派手じゃないのにちゃんと面白かったです。

好き嫌いが出てくる作品かなとは正直思います。
稚拙・・・って思ってしまう読者もいるかと。
そう思わせるような部分もたしかにあるし。

でも隙間を読むと、結構ちゃんとしてるなってのがわかってくるタイプです。

今後、またこの作者の本、読んでみたいと思わせる何かがありましたよ!



テーマ: BL小説 | ジャンル: 小説・文学
BLCD ルボー・サウンドコレクション ドラマCD憂鬱な朝2 | Home | BLCD ルボーサウンドコレクション ドラマCD 憂鬱な朝