FC2ブログ

BLCD ドラマCD 滴る牡丹に愛~レオパード白書 3~



CVは亜門役に一条和也さん、雛湖に武内健さん。

武内さんの珍しく甘くない声が、雛湖のイメージに合ってました。

原作の絵の雛湖から連想できる声が実際ぱっと思い浮かばなかったのですが、武内さんの声は聴いてるとしっくりはまってきます。


ドラマCD 滴る牡丹に愛~レオパード白書 3~ドラマCD 滴る牡丹に愛~レオパード白書 3~
(2012)
武内健、一条和矢、黒田崇矢、鈴木達央/扇ゆずは

商品詳細を見る



そして亜門CVにも一条さん、ぴったりです。
関西弁もしっかり。
かっこよかったり、ちょっとおもろかったりと、まさに原作の中で動く亜門そのもの。

少し予想外だったのは黒田さんCVの郡司。

読んでいたときは、声的にはもう少しわかめを想像していたので、びっくりしました。
ただ、聴いてるとなじんではきます。
ちょっとしたひょうきんなツッコミが、重厚なお声とミスマッチで、逆に超マッチしている感じです。

が、ちょっと色気ありすぎで、亜門CVよりも色気としてはあったので、亜門がかすんでしまう感じな部分もあり……。

聴きごたえはたっぷりです。
全トラック本編で、キャストトークもなし
70分以上、まるっとこのお話。
金額には見合うCDかと思いますよ。

最近、多いですからね……「え、この内容でこの値段!?」みたいなの。

ブックレットは最近の傾向?を反映してか、あっさりしたもの。
なんのショートコミックもありません。
色数もめっちゃ削ってます(笑)



関連記事
手をのばせばそこに (二見書房 シャレード文庫) | Home | BL小説  ハンサムは嫌い。 (SHYノベルス292)