FC2ブログ

BL小説  渇仰 (プラチナ文庫)



かなり、クセがある……。
ハマると、ハマる、絶対好きになる。
最初からダメだと、ダメ。

読者としては意見が分かれる部類の本でした。

私は個人的には「アリ!」だと思います、この究極のワンコ攻!!!


渇仰 (プラチナ文庫)渇仰 (プラチナ文庫)
(2012/03/09)
宮緒 葵

商品詳細を見る



究極のワンコ攻といえば今年はこの本で決まり!ってぐらい、激しかったです。

 強すぎる執着愛を見せる攻と、戸惑いつつも流されていく受。
その在り方に賛否両論あるだろうけど、究極の二人の愛の世界を作り出したことに間違いはなしでしょう!!

次々と不幸に見舞われた明良の前に突然現れたのは、その昔兄弟のように育った達幸。
達幸は会わない間に俳優として成功し、家を失って行き場所のない明良に同居を持ちかける。

度を超えたワンコぶりと幼児性格から抜け切れていない達幸の明良に対する執着は、ぶっちゃけ異常の域(笑)。
明良の飼い犬に嫉妬したり、明良の周りにいる人々を威嚇したりとすざましい。

でもそこには明良への確かな愛があるのです!

 明良にだけ見せる優しさと、他人に見せる凶暴さ。
達幸のこのギャップもたまらなく萌えるツボ。

二人だけの閉塞した世界へ飛び込んでいく明良の心の葛藤も、どことなーく共感を誘うんですよ……。

切なさも読みどころもあり、ただの執着モノじゃない、確かな執愛を読ませる作品って感じでしょうか。

まあ、幼児系とか、あまりの執着とか、二人の在り方に成長とか未来を感じないのがダメって方には、絶対だめな作品だと思います。

なんかヤバそうな、でも息苦しい愛がつまってますよ!みたいなのをちらりと覗いてみたい方、ぜひおススメです!



テーマ: BL小説 | ジャンル: 小説・文学
BL小説  ハンサムは嫌い。 (SHYノベルス292) | Home | BL小説  リフレイン~君の心を眠らせないで~ (ガッシュ文庫)