FC2ブログ

BL小説  願わくば恋 (ショコラ文庫)



無駄がそぎ落とされた感じで、素直な内容がよかったです。

高校時代にちょっとだけ気になっていた相手岡本と再会して、少しずつ距離をつめてく爽やかな攻、椎葉が明朗快活でかっこいい。

攻椎葉の懐が深くて、受岡本がその手の中でちょっとずつ未知の世界へ踏み出していく感じでした。


願わくば恋 (ショコラ文庫)願わくば恋 (ショコラ文庫)
(2012/09/10)
南野 十好

商品詳細を見る



明るくて人気のある性格の椎葉と、日本画家を目指す友達が少ないタイプの岡本。
二人が少しずつお互いを知って、特別になっていく過程が、半分は岡本視点、もう半分は椎葉視点で書かれてます。

派手な何かがあるわけじゃないけど、日常の二人のやり取りを読んでいても飽きない、そこかしこに気持ちが柔らかくなる瞬間が散らばってる良い作品だったと思います。

大学生同士のちょっと青臭いところもよかったです。

大学生同士のちょっと青臭いところも身近に感じられました。
エッチの現実?も、その時の気持ちも、とっても素直に表現されてて、自然と好感も共感もできました。

御園えりいさんのイラストも、ちょっと幻想的で雰囲気に合ってましたよ。
表紙も水彩で綺麗ですよね~。



テーマ: BL小説 | ジャンル: 小説・文学
BL小説  リフレイン~君の心を眠らせないで~ (ガッシュ文庫) | Home | BL小説  あなたの花になりたい (幻冬舎ルチル文庫)