FC2ブログ

ダメな僕が恋をしたら (白泉社花丸文庫)



個人的には好みの組み合わせ、しかも夏水りつさんのイラストで、ちょこっと期待してたのですが……

内容も、キャラも、すべてが薄かったです。



ダメな僕が恋をしたら (白泉社花丸文庫)ダメな僕が恋をしたら (白泉社花丸文庫)
(2012/09/21)
西門

商品詳細を見る



売れっ子子役の父親で実はすごい作家と、人気俳優の恋。
お父さんなのに小動物みたいに可愛い。
メチャかっこいいのにワンコ系で一途。
基本ストーリーは乙女心ツボつきで、良かったと思います。
料理次第では萌えシチュも多く、いろいろよくなるはず……。

でも、まったく厚みがありませんでした。
特にキャラ。

俳優の攻。
まったくその背景が見えてこない。ただかっこよくて人気ってだけ。

孤児院出身で作家の受も、表面なぞったような心中告白が多くて、共感するところまでいかない。
読んでいて、「ああ、そうですか……で?」と素で訊きたくなるような。

一番不可解だったのは、二人が付き合う過程。
なにもなく、だんだん親しくなって、つきあった、と一番重要視したい部分が抜けていたように思います。

最初の印象が悪かったけれど、その後次第に仲良くなって、いろんなことで相手を見直したり、ほっと気持ちを和まされたりって過程があって、好きになるんだと思うんですが、その部分がスバッと抜けてる!

そして数ページの後に、なんか攻の俳優の態度、好き好きオーラでてて、めっちゃ丸分かりだし。

タイトル作品とその後日談の2作入っていますが、どちらもパターン的に一緒。

いきなり受が別れようと考え出したり、ハプニングシチュエーションを持ってきたい作り手側の希望ばかりが羅列した感じでした。

文章は悪くないです。
しっかりしてると思います。
でも、 「読者が寄り添える作品」としては、イマイチ。

あとがきに「同人誌に出したことのある作品」と書かれていましたが、たしかに、そのレベルでした。

今後に期待!です。


テーマ: BL小説 | ジャンル: 小説・文学
恋愛未満 (SHYノベルス290) | Home | おセナカ流しましょ (白泉社花丸文庫)