BL小説  日向の猫 (白泉社花丸文庫)

ちょっと最初はギャグテイストにあれ?っと思ったりもしたんですが、話が進むにつれて、主人公たちの複雑な感情がまじりあって、かなり読み応えがありました。 ページ数のボリュームもあります。 ピュアだけど色気もあって、単純そうに見えて複雑な……と読んでいていろんなイメージを見せてくれる楽しいけれどしっとりした場面もある、雰囲気がある作品でした。 日向の猫 (白泉社花丸文庫)(2012/08/21)野原 滋商品詳細を見...