BL小説 水曜日の嘘つき (幻冬舎ルチル文庫)

やりチンでモデルもやってる大学生が本気で恋に落ちる。 そんな設定ですが、チャラいとは言え、かなりいいヤツ。 最初から攻め→受けへの気持ちが固いガチ恋ストーリーで、展開的には安心して読んでいられるタイプの本でした。 2人の恋も可愛さがあるというよりは、淡い砂糖菓子をふんわり愛でるような暖かさと面映さあって、ふんわり具合が「素敵」でした。 何気ない態度に隠れた気持ちを読み取るような本がお好きな方にお...

BL小説  Zwei (リンクスロマンス)

高校生の時の想い人同士が再会。 大人として等身大の恋を形作っていく作品でした。 かわい作品は大好きです。 独特の味がある。 ……ですが、このzweiは…… Zwei (リンクスロマンス)(2012/11/30)かわい 有美子商品詳細を見る 全体として雰囲気はあった。 大人の糖度もあった。 でも、他のかわい作品と比べると、中途半端感があったように思います。 事件のこと、二人のこと、先輩刑事のこと。 いろんな要素が...

BL小説 伯爵夫人の魔法の靴 (ルナノベルズ)

色っぽさは感じなかったけど、上品な艶やかさが始終漂ってる作品だなぁと思いました。 個人的には外人モノはあまり好きではない(現実的じゃないから好きじゃない)んですが、この本は、外人モノ特有の「ありえないだろ!」系がなくて自然さがありました。 ……が、基本的には素敵な王子様に見初められる「シンデレラストーリー」 ふわふわしたような心地よい雰囲気で、二人が次第に仲良くなって、好きです!となる、捻りは...

BL小説  上海金魚

もう簡単には本屋で売ってなさそうな、かわい有美子さんの、2003年初版の「上海金魚」、新品を手にいれるのにちょびっと苦労しました(苦笑) つか、なんで今、シリーズ的に一番最初のやつ?って感じなんですが、「透過性恋愛装置」「月一滴」を先に読んでしまった私としては、もう読まずにはいられませんでした。 それだけ主人公、滝乃と佑季の雰囲気が、他の2冊の中でよかったので…… 上海金魚 (CROSS NOVELS)(2003/0...

BL小説  金のフォークに銀の匙

最近かわい有美子さんにちょっとはまっておりまして、新しいこの本「金のフォークに銀の匙」を買ってみました。 ちょっとタイトルが面白かったのもあるし、概要を読むと「バリバリ仕事する冷たい合理的男×ほんわかボケ大学生」のようだったので、その2人のギャップがどう書かれているのかも興味がありました。 金のフォークに銀の匙 (ルナノベルズ)(2012/04/06)かわい 有美子商品詳細を見る 父親の倒産からちょっと苦労...