BL小説  ワンダーリング (ディアプラス文庫)

既刊「ノーモアベット」のスピンオフです。 個人的には「ノーモアベット」は恋愛小説というより、指南書みたいだなと思った(そしてそれをアマゾンレビューで書いたらメタクソ批判されました(笑))んですが、この本はその逆で、「恋愛」一本でした。 あ、でもひん曲がった恋愛。 ストレートじゃないです。 そこが一穂作品らしいというか。 既刊本で登場したカジノオーナー藤堂と、ディーラー雪。 超財閥お坊ちゃんだ...

BL小説 甘い手、長い腕 (ディアプラス文庫)

表紙や口絵は童話っぽかったので甘々してるのかなと思いましたが、中身は結構淡々。 淡々としてて、素朴。 でもその素朴さが、未加工の洗いざらし。 そして洗いざらしの甘さがある! <br> あまり華やかな作品が少ない一一穂作品の中でも、かなりの素朴さ爆発(笑) そして、その素朴さがなんとも心地よかったです! 甘い手、長い腕 (ディアプラス文庫)(2014/04/09)一穂 ミチ商品詳細を見る 小さい頃の両親の離婚で、...

BL小説  アンフォーゲタブル (幻冬舎ルチル文庫)

ストーリー展開としては、かなり心をくすぐられました。 帯のあおり文句にも、かなり読む前から期待させされたのですが…… アンフォーゲタブル (幻冬舎ルチル文庫)(2014/02/17)一穂 ミチ商品詳細を見る 実際、非常に心惹きつけられる展開と、それを裏付ける現実味のある設定でした。 とある出来事で第一線を退かざるをえなくなった新聞記者冬伍悟と、偶然知り合った製薬会社の望。 全くタイプの違う二人の付き合い...

BL小説  ノーモアベット (ディアプラス文庫)

とっても面白かったです、「小説」としては。 だけど、「恋愛小説」としては奥深さがない! いや、あるにはある。でもそれが目立ってないからつまらない…… これは、カジノと恋愛という2本柱をどちらもメインにしてしまった結果……??? ノーモアベット (ディアプラス文庫)(2014/01/09)一穂 ミチ商品詳細を見る 仮想としての東京のカジノ島が舞台のこの小説は、従兄弟の恋愛モノ。 ちょっと風来坊的でディーラー...

BL小説 ふったらどしゃぶり When it rains, it pours (フルール文庫 ブルーライン)

単館上映のフランス映画みたい。 地味で、淡々としてる。 華もないし。 なのに、なぜか目が離せなくて、観た後に印象が色濃く残る。 そんな小説でした。 私は嫌いじゃなかったけど、苦手な人は苦手だと思いますよ、この雰囲気。 うまく言えないけど、こう、どこかぼわんとしてる。 まさに雨降りの最中、みたいな。 それでもあえて、おススメします。 ふったらどしゃぶり When it rains, it pours (フルール...