BL小説  戀愛 -koiai- (ダリア文庫)

珍しい!v 崎谷作品にしては、珍しく、薄い!(笑) というのも、この本、 半分はもともと作者のHPに掲載していた短編だそうです。 そして、そこに今回の文庫化にともなう書きおろしを加えた構成になっています。 戀愛 -koiai- (ダリア文庫)(2013/10/12)崎谷 はるひ商品詳細を見る ページ数の少なさとあいまって、 内容も、いつものように何もかもが深く緻密に構成されているわけではありません。 主人公二人とその...

BL小説  吐息はやさしく支配する (幻冬舎ルチル文庫)

ストーリー展開はどうであれ…… まず攻めキャラ健児がカッコいい! カッコよすぎでございました。 吐息はやさしく支配する (幻冬舎ルチル文庫)(2013/04/17)崎谷 はるひ商品詳細を見る ぶっきらぼうだけどしっかり守ってくれるし、口悪いけどウソつかない。 バイクに乗って、背が高くて、アッシュ系の髪型。 もうキングオブ攻め!なのが、この健児。 そして対する受けキャラ和似は、これまた超美形のふわふわふらふ...

BL小説 不埒なファシネイション(ダリア文庫)

短編集みたいな感じになっていました。 メインのタイトル作品は、直隆×真幸カップルが、真幸の家族との悩みや確執を通じて、また一歩理解しあい歩み寄るステップ。 結構心にきゅっと響くストーリーでした。 不埒なファシネイション(ダリア文庫)(2012/12/13)崎谷はるひ商品詳細を見る 個人的には「不埒なモンタージュ」の三田村×未直のストーリーが読みたくて購入。 彼らの短編がひさっびさに入ってると聞いてたのですが...

BL小説  ナゲキのカナリヤ―ウタエ― (幻冬舎ルチル文庫)

ナゲキのカナリア 崎谷はるひ 信号機シリーズ最新作。 姫受けってのが気になって、一作前をすっ飛ばして読んでみたのですが…… ナゲキのカナリヤ―ウタエ― (幻冬舎ルチル文庫)(2013/01/31)崎谷 はるひ商品詳細を見る 糖度を無理矢理エロで作った感じで、ストーリーとしては甘くなかったです。 会社での問題小説みたいな感じが強い。 恋愛がメインじゃなくて、会社でのパワハラセクハラを対処していく、みたいな。 ...

BL小説  エブリデイ・マジック  あまいみず

最近崎谷はるひ さんの作品は読んでなかったので、久しぶりに描き下ろしの単品だというこの「エブリディ・マジック あまいみず」を読んでみました。 相変わらず分厚いなぁ……きっと内容も濃くてエロも濃い?……なんて想像だったのですが、 エブリデイ・マジック ―あまいみず― (幻冬舎ルチル文庫)(2012/05/16)崎谷 はるひ商品詳細を見る 悪いお話ではないけれど、なんとなくだるかったです、全体的に。 良く言えば...